DIYをするなら知っておこう!電器工具の使い方について

インパクトドライバーの使い方とは

インパクトドライバーはネジを締めるときにかなり重宝するものであり、木材を留めるときには必要になりますよね。このインパクトドライバーの使い方に関しては引き金を引いてから、スタートさせるようにするとうまく起動することができますよ。また、強くするとネジが潰れてしまう場合があるので、しっかりと軸を合わせてから押すというふうにしましょう。また、コード式のものと充電式のものがありますが、基本的な使い方は同じになります。

ドリルドライバーは穴を開けることができる

家具に穴を開ける時に使うと便利なのが、ドリルドライバーになり、これは非常に頑丈にできている工具なので壊れにくいという特徴がありますよ。このドリルドライバーは回転方向が一定になっているものがほとんどですが、機種によっては回転方向を決めることができるものもあります。ドリルドライバーの使い方は電源を入れてスイッチを押すと回転するのですが、スピードコントロールスイッチが付いているものは回転数をコントロールすることができ、スイッチの押し具合によって調整することができるのです。

電動丸ノコの使い方について

電動丸ノコは木材を切るときに使うものであり、ノコギリで切るよりも手軽に切断することができるというメリットがありますよ。使い方はテーブルに固定する必要があり、切断したい板を電動丸ノコのノコギリの下に置いて切断していきます。この電動丸ノコは反対側に重心がかかるため、例えば左の手で持った場合は反対側の右を固定する側として使うと安全に使うことができるのです。また、切り込みの深さやノコギリの歯の角度をつまみで調整できます。

電動工具の中でもインパクトドライバーは、日曜大工でもよく使われるので、電動工具の買取での需要も高いです。

Comments are closed.