整頓マニア必見!S字フックの驚きの活用法

S字にはアイディア次第で無限の可能性が

シンプルでありながら、絶妙の形状であるがゆえに、様々な場面で活用できるS字フック。世の中には、おもしろい活用法を考える人がいるものです。誰でもちょっとびっくりするような、驚きのS字フック活用法を集めてみました。トイレットペーパーの芯の空洞に、棒を通して両端をS字フックに引っ掛けると、立派なトイレットペーパーホルダーの完成です。トイレットペーパーホルダーが壊れたときには、立派に臨時のホルダーとして活躍してくれます。ほとんど製作費用がかからないのがいいですね。

S字フックがカーテンレールに大変身!

本格的にカーテンを設置するほどではないけれど、ちょっとした目隠しのために、小さなカーテンを設置したいことってありますよね。通常、カーテンレールを室内に取り付けるには、壁や柱に穴を開けて、木ねじでレールを固定しなくてはなりません。女性にとっては、簡単なことではないですよね。工事のために業者さんを呼ぶほどのことでもないし、困ったものです。そんなときには、S字フックを鴨居などに引っ掛けて、カーテンを吊るしてしまえば、木材に穴を空ける必要なんてありません。

キッチンでもS字フックが大活躍

キッチンのように、お鍋やフライヤーなどのキッチン用具が氾濫している場所こそ、S字フックが真価を発揮します。鍋の取っ手には、フックを引っ掛けるための穴が開けられていることが多いので、S字フックを大量に買ってくれば、手持ちのお鍋をすべて壁に吊るして整理整頓することも可能です。シンクの上に、フックを引っ掛けることができるシェルフを作っておくと、洗ったばかりの調理道具をそのまま吊るしておけるので、わざわざ水気を拭き取る手間が省けます。フックの使い方を考えるだけでも、いろいろなアイディアが湧いてきて楽しいですよね。

小魚は別として、大きな魚には、何十キロもの魚がいます。そんな魚の搬送や移動にフックが使われています。これは、とても便利で、魚のえらにかけて利用します。

Comments are closed.