長く使用することができて効率的なLEDの魅力について

長寿命なので交換しづらいところに最適。

LEDは近年価格も安くなってきており一般人でも利用しやすい価格となってきております。ディスプレイや電球など一般家庭や企業を中心に多くの現場で導入されております。白熱電球の寿命が1000~2000時間なのに対してLED電球は約4万時間と20倍以上もの寿命があるため一度設置するとしばらく交換することなく使用することができる点が良いですよね。メンテナンスが面倒、難しいと感じる女性やお年寄りに対して優しい商品であることがわかるでしょう。

省エネなのも重要なポイント

LEDは発光効率が高いことも特徴ですので少ない電力でとても明るい光を発することができますね。同じ明るさの蛍光灯と比較しても明るさは約半分と言われているため地球環境にも優しくエコであることがわかるでしょう。指向性が高いことも特徴で、光の拡散性が少ないため明るくしたい照らしたいものを狙って明るくすることができる特徴があります。色の種類が豊富なのも魅力で、イルミネーションでも多くの種類のLEDが活躍していますね。

紫外線や赤外線が少ないこともメリット。

LEDの照明は紫外線や赤外線が少ないため、食品を美味しく魅せたり、美術品を照らしたりする用途に向いております。そのため、紫外線や赤外線を極力避けたいと思っている企業に向いており、電気料金の節約にもつながり商品の劣化を防ぐこともできますね。蛍光灯などは寒い時になかなかすぐに明るくならないことがありましたが、LEDにすることによって寒冷地でもすぐに点灯することができるため冷蔵庫の明かりもLEDが積極的に採用されていますね。

LEDライトパネルは従来の白熱電球タイプと比較すると半分以下に省電力が出来るので、光熱費を節約する事が可能となっています。

Comments are closed.