Most Popular Photograph

p_62369.jpg

その1クラミジア感染症

女性の場合、おりものの増加や下腹部の痛み、性行時の痛みや不正出血、オーラルセックスにより感染した場合はのどの腫れや痛みなどがあります。一方、男性の場合は尿道からの膿や軽い発熱や痛み、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などがあります。また、女性と同様にオーラルセックスにより感染した場合はのどの腫れや痛みなどもあります。どちらも、感染の疑いがあればただちに受診することをおすすめします。早期に発見することで、治療も早く済ませることができます。


そしてその2膣カンジダ症

女性の場合は、外陰部や膣のかゆみ、性交痛、性器の炎症、ヨーグルト状のおりものの増加などがあります。性器から肛門にかけて、我慢できないほどのかゆみを生じることが特徴です。一方で男性の場合は、亀頭にかゆみやただれ、小さな水泡、白っぽいカスなどがでます。稀に尿道炎になる方もおられるようです。男性の場合は、症状が非常に軽いので気付かれにくく発見も遅いです。気になるようだったらすぐに受診してみてくださいね!


最後に昔からある梅毒

梅毒は、男性も女性もほぼ同じような症状がでます。ただし、非常に長丁場で潜伏期間は10~90日と長く感染力も強いです!感染してから3週間ほどは症状が出てきませんが、そのあと、性器にしこりやブツブツができ、股の付け根のリンパ節が腫れてきます。次は、全身にピンクのあざができ性器や腋のしたなどにブツブツができ頭部の脱毛も生じてしまいます。その次は、感染から3年後くらいに全身にこぶ状のしこりができます。最後に、感染から10年ほどたったころ、心臓や神経、血管や目などにも病変が及び、やがては死にいたります。



夜の遊びを長く続けていると、性病に感染してしまうこともあります。そんな時には、專門の病院に行って早めに治療してもらうと良いでしょう。

より詳細な情報をお望みならこちら

あなたは大丈夫・・・?3つの主な性病の症状

0 Loves

p_61062.jpg

男性スタッフで構成されている

包茎で悩んでいる男性は沢山いますよね。医師に治療や診察してほしいなどと考えていてもクリニックにはなかなか行きにくくて、という人も多いでしょう。しかし最近の包茎クリニックは男性スタッフのみで構成している所も多いのですよ。医師やスタッフが男性という所も多いのですが、受付も男性というクリニックもあるのです。女性に知られたくない、見られたくないという人も男性だけのクリニックであれば利用しやすくなりますよね。


痛みを軽減することができる

包茎は男性性器の問題であり、とてもデリケートな部分なので手術となると怖くなる人も多いですよね。特に痛みが出たらと思うとなかなか手術に踏み込めない人もいるでしょう。しかし最近の包茎クリニックでは安心して手術を受ける事ができるように麻酔も考えられているのです。麻酔をする注射が痛くて怖いという場合にも表面麻酔などを事前に行ってくれるクリニックもあるのですよ。痛みがなければ何ををされているのかわからないので安心できますよね。


明朗会計の安心感がある

包茎手術を受けたいと考えても、どれくらいお金がかかるか不安があるという人も多いでしょう。包茎手術は自由診療となるので保険適応外となってしまいます。そのため事前にどれくらいかかるのか知っておくと安心ですよね。最近ではクリニックの公式サイトに費用が記載されている所も増えており、明朗会計で安心できるようになっているのです。このように包茎クリニックでは多くの男性が手術や治療を行えるように様々な取り組みをおこなっているのです。



包茎とは勃起時ではなく通常の状態で亀頭が包皮に覆われている状態です。学童期に亀頭の成長に伴い包皮が剥がれてきます。病気ではありませんが剥がれない場合ご本人が気になるようでしたら手術もあります。

包茎クリニックの安心とは?取り組みを知ろう!

0 Loves